So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

カメラを買おうと思ってて・・ [カメラ・写真]

※早く寝よ、って書いた割に長いの書いてます

アメリカにはEOS 40Dとそのレンズを持ってきていて、
2016年8月に買ったLumix GX7Mk2はさいたまに置いてきた。
たぶん息子が使うだろうから。

40Dは2007年12月の購入、10年以上前のカメラである。
なんでそんなのまだ持っているかというと
もう下取りに出しても大したお金にならないから。

で、持ってきた以上使っているわけだが
久しぶりに使ってみて思ったことが「画質の低下」。
そんな事あるのかどうかわからないけど
なんか昔ほどキレイな写真が撮れなくなった気がする。

最近使ってたEOS 6DやGX7Mk2で最新のカメラの絵に触れて
相対的に悪く感じるようになったのか?
それとも本当にカメラの劣化なのか?
それともレンズの問題?
よくわからん・・。

いずれにせよ、電池もだいぶ持ちが悪くなってきたし
そもそもISO1600までしか使えない、とか、
もう十分古いカメラであることは間違いない。

やっぱりもう新しいのを買うか、と。
いずれ買わなきゃならないなら、アメリカに来た最初のうちに買って
いろいろ写真を撮りたい、というのもあるし。

では、何を買うか?

私の中の1番の本命は「EOS Kiss X9」。
小型軽量で最新のEOSデジ一眼である。

デジタル的な性能ではもうこれで十分。
値段も18-55mm付きで649ドルくらい。

なのだが、小さいのがいいならミラーレスがいいに決まってる。
そう思ってEOS 6DからGX7Mk2に替えたんだし
それは大正解だったと今でも思ってるから。

とはいえ、アメリカにはEOSレンズしか持ってきていないので
買うとなるとEOS Kiss M(こちらではEOS M50)。
で、値段を見ると899ドル。 微妙・・。
ま、その値段で買っても損しないカメラだとは思うものの。

どうもミラーレス買うならGX7Mk2がさいたまにある以上
マイクロフォーサーズ系にしたい気がする。
EF-Mレンズ買って増やすのももったいない気がするし。
(だってフルサイズミラーレスの噂が・・)

じゃあってんで、Lumix G8(こっちではG85)とか
まあいろいろ調べたんですけど、どうもピリっとしないというか
ビリビリっと来ないというか、心に響かない。

細かい話をすると、さいたまのGX7Mk2に12-60mm付けてるから
同じレンズのキットを買いたくない。
でも、もっといいレンズを買おうとすると
Panaは全体的に高くなってしまう。
とはいえOlympusだっていいレンズ買えば同じ。

結局ミラーレスに1500ドル近く払うんなら
いっそのことまたフルサイズ一眼でもいいじゃないか、ってんで
EOS 6D Mark2調べたら、約2,000ドル。
高いんだけど、キットレンズに安くて軽くて写りもそこそこの
24-105mmSTM付いてこの値段なら、私的には満足。

ほかのカメラだと結局キットレンズのほかに
望遠レンズとか予備バッテリとかストロボとか
そういうのにお金かかっちゃうんだけど
EOSは全部揃ってるから、高いように見えてそうでもない。

となった時に、なんで6DからGX7Mk2にしたのかを再度考える。
6Dで気になってたのが「重さ」と「しゃっきり感の無さ」。
「重さ」については6D Mark2のキットレンズが
6Dの24-105mmF4Lより150gほど軽いので大丈夫。

問題は「しゃっきり感」。
40Dに比べて6Dはフィーリングがいまいちだったのだ。
で、6D Mark2のレビューなんかを読みまくったが
フィーリングに関するコメントが一切書いていない。

「書いてない」ってのがクサい気がした。
だって6Dの最大の欠点だと私は思っていて、
それがMark2で改善されてれば絶対書くでしょ、レビューに。

ということで、個人のブログなども読み漁ってみたところ、
どうもこのフィーリングの悪さは根本的に解消していないようだと
私は結論づけた。
となるとそのカメラに2,000ドルなんて払えない。


振り出しに戻って、つまり私が全体的にお金かけずに
気持ちよく使おうとすると、「EOSシリーズ」で、
「それなりの性能」で「小型軽量」なモデルに絞れてしまう。

ぶっちゃけ、最初に書いた「Kiss X9」、
あとは「9000D」か「80D」か。
EOS 7D Mark2はちょっと重すぎ。

EOS 40Dからの買い替えだから80Dが妥当なのだが、
これは約2年前に発売されたカメラ。
9000Dは去年春、Kiss X9はそのあとだから、
デジタルなんて新しいほうがいいに決まってるので
やっぱりKiss X9か・・と思ったんだけど、
これまた6Dに話が戻るが、安いカメラが安っぽくないわけがなく
また6Dの時のフィーリングの悪さに悩まされるのは・・。

そう、40Dの買い替えには順当にその後継の
(というか、50D、60D、70Dが10年の間に存在したんだが)
80Dが一番ベストなはずなのだ。
「重さ」についても実は40Dより60gほど軽かったりもする。

さて、ネットで調べてみると
本体が999ドル、爆速AFを誇る18-135mm付で1,299ドル。
今40Dで使っている17-85mmはEOS Kiss Digitalから使ってて
もう15年になろうかとしてるので、ここは一発、
1,299ドル払うか!って心に決めたところだったんだが・・。


続きはまだ今度・・。
長いくせに結末に行きつかなくて、すみません・・。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント