So-net無料ブログ作成
カメラ・写真 ブログトップ
前の10件 | -

天王洲にて [カメラ・写真]

ビール半分、写真半分のつもりで出掛けたので
少しだけ写真も撮りました。

170806a.jpg
170806b.jpg

キャナルフェスは運河沿いのウッドデッキ上でやってました。
風が気持ちいい!

170806c.jpg
170806d.jpg

ビールも撮ります。
ビールの琥珀色ってのは絶妙にキレイだと私は思っていますが・・。

170806e.jpg

運河。さいたま市民には憧れの風景です。

170806f.jpg
170806g.jpg

T.Y.HARBORブルワリー&レストラン。
全景をモノクロで、拡大をカラーで。

運河沿いのおしゃれなレストラン内でビール作ってます。
入り口のメニュー&価格表見たら、おいそれと入れません。

170806h.jpg
170806j.jpg

運河とビル。
実は近くに小学校があって、まあ、我々の子供時代と違って
空き地とか全く無い空間だけれども、歩道は整備され
意外と「コンクリートジャングル」という圧迫感はない。

むしろおしゃれな雰囲気がここかしこにあり、
子供時代をこういうところで過ごすって、どういう感性が育つのだろう?
意外と良いことなのかもしれない、って思っちゃったりもする。

で、カメラの話。
ほんとにどの写真もキレイに仕上がる。
だから、もうちょっと考えて撮らないとマズイなって
思い始めてきた・・。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビール飲みの合間に写真をば [カメラ・写真]

せっかく借りてるE-M1 mark2+12-100mmF4 PROですから
とりあえず行く先々で撮ってはいます。

センスが無いので大した写真にゃならないですけど。

まずは、松が峰教会。
大谷石建築の古い教会で、国の文化財にもなってます。

170723a.jpg
※電線はどうしても入ってしまう・・

170723b.jpg
170723c.jpg

170723d.jpg
※電線はないが左に東武百貨店の駐車場が・・

170723e.jpg
※オリオンスクエア裏から望遠で。微妙にソープの看板も写っている
 そういうところにあるってことです

続きましては 二荒山神社(ふたあらさんじんじゃ)
170723f.jpg

170723g.jpg
※けっこう急な石段

170723h.jpg

170723k.jpg
170723l.jpg
※市街地のど真ん中ゆえ、石段の正面はPARCOとドンキ

でもって、ちょっとカメラの話。
しかしまあ、よく映る。
今どき2,000万画素なんて画素数は大した数字ではないが
レンズがよく解像しカメラも忠実に再現するもんだから
ここまで映らなくても、って感じ。

下の2枚。上は撮った写真を縮小したもの。
この写真の部分切り出し(拡大はしていない)が下側。
足の指のマニキュアの色まで分からんでもいいんだが・・
170723m.jpg
170723n.jpg





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

E-M1 Mark2で夜を撮る ~手ブレ補正が効くということは・・~ [カメラ・写真]

夜、買い物に行ったついでにちょっと撮影。

まず高感度画質なんだけど、過去にフルサイズの
EOS 6Dを所有してた私からすると びっくりするほどではない。
でもまあ、特に不満もない。
ISO3200でこれだけ撮れれば十分。
170715h.jpg
※ISO3200。手持ち1/1.6秒でほぼ手ブレ無し。

そう、むしろこの強力な手ブレ補正が撮影の幅を広げる。

例えばこれ。
170715f.jpg
170715g.jpg

これね、1/4秒というかなりのスローシャッターで ほとんど手ブレなし。
それが出来るとわかっているから ISO400で画質も確保した。

いくら手ブレ補正が効いてもスローシャッターの場合
被写体ブレは防げないから 使えるシチュエーションは選ぶ。

そういう意味では絶対的に高感度画質が良いフルサイズ一眼のほうが
自由度は高い、といえる。

が、軽いと言われるEOS 6Dでも24-105mmF4Lとのセットで約1.4kg。
今回のセットはミラーレスでは重量級だが約1.1kg。
この300gは結構違う。
というか、フルサイズで12-100mm並のレンズ付けたら
2kgくらいになっちゃうから断然軽いといえる。

軽い、っていうのは今の私には何にも代えがたいので
この手ぶれ補正はやっぱり素晴らしい。

ただ、そこまでの手ぶれ補正は必要なのか?ってのは
カメラを何に使うか、にもよると思うし
この1ヶ月でいろいろ使ってみます。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GX7Mk2で12-100mm F4.0 IS PROの手ブレ補正効果 [カメラ・写真]

さて、今回モニター出来てるオリンパスのカメラ、
実はまず試したいことがあった。

カメラと一緒に借りれる、12-100mmF4 PROを
我がGX7Mk2で使った時、手ブレ補正はどの程度効くのか、である。

ちなみに、このレンズの正式名称は
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO であるが
さすがに長いので 今後私のブログでは
12-100mmF4 PROにします。(でも長いけど)

GX7Mk2にはカメラ本体に手ブレ防止機能があり、
いつも使っているレンズ12-60mmにも手ブレ防止機能があり
GX7Mk2はこれを同時に作動させる「Dual I.S.」機能がある。

この結果、GX7Mk2+12-60mmではかなり効果的な手ぶれ補正が効くが
実はE-M1 Mark2+12-100mmF4 PROでも同じような仕組みがあって
この効果が尋常じゃないほどのものである。

ただ、これはカメラとレンズがPana同士もしくは
オリンパス同士だから有効な機能で、
PanaのGX7Mk2にオリンパスの12-100mmをつけても そうはならない。

ただ、オリンパスのが「尋常じゃない」効果を出すってことは
レンズの手ブレ補正がそこそこ強力だと想像出来て、もしかすると、
PanaのDual I.S.に近い効果が期待できるのでは?と思った。

で、実験。
カメラはGX7Mk2。モードはMで SS 1/2秒、絞りはF10。
手持ちで2mくらい先の操作パネルを撮る。 
レンズの焦点距離はどっちのレンズでも設定できる50mm。

結果は
12-100mm F4 PROの手ぶれ補正だけだと これ。
170715_olym1.jpg

で、GX7Mk2と12-60mmのDual I.S.だと これ。
170715_pana1.jpg

比べるとやはり若干Panaのほうがブレが少ない。
ちなみにこれ、何枚か取ったそれぞれのベストショット。

逆にいうと、12-100mmF4 PROの効果はかなりのもの。
思ったより差が少ない、ってのが私の印象。

ちなみに、12-100mmのレンズ側についてる
ISのスイッチをOFFにしちゃうと GX7MK2の画面上で
手ぶれ補正がOFFになっちゃうから、この組合せの場合、
12-100mm側でのみ補正がかけられているよう。
(Panaのサイトでもそのような記述あり)


で、なんでこんな実験しているかというと、
先日、熱気球の時に利便性で14-140mm、画質で35-100mmを
借りたけど、やっぱ35-100mmのが全然よくて、
熱気球の撮影なら140mmまではいらないから
この12-100mmがGX7Mk2で実用的に使えるなら
相当便利なんじゃないか、と思った次第。

ま、オリンパスのカメラ買えば簡単に解決する問題なんだけど
12-100mmF4 PROってAmazonで約13.5万円もする。
それだけでも買えないのに、さらにカメラまでなんて・・。

てなことで、借りてる間にGX7Mk2でも少し使ってみようかと
思ってたりします。

そう、カメラよりレンズに興味があってモニターに応募したのです・・。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熱気球の際に借りたレンズの話 ~LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8~ [カメラ・写真]

さて、今回はレンズを2本借りて行ったわけですが、
ほとんど35-100mmで撮ることになりました。

熱気球において、写真はL版印刷してその場で配布、
缶バッチに加工して販売、最終的にサイトにUpして閲覧用、
とまあおおよそ高画素を必要としない利用形態。

なので毎回Sサイズ(350万画素相当)記録にしておりまして
このメリットとしてはクロップ撮影で2倍ズームが可能となるのです。

つまり35-100mmはフルサイズでいう70-200mm相当ですが
クロップで140-400mmとしても使えます。
つまりレンズ1本で70-400mmということです。
(同じ理屈で14-140mmは28-560mmになります)

体育館内の撮影で70mmってのはちょっと狭いのですが、
そこはもう一人の方が撮ってくれるだろうってことで
一人ひとりポートレート、スナップ風の写真を狙う分には問題なし。

てか、14-140mmと撮り比べると、35-100mmはさずが高性能レンズ。
3倍に満たないズームで実売10万円もするレンズだけあって
解像感、ボケ、色味、ピントの精度と速さ、すべてが素晴らしい。

ビシビシに解像しガシガシピントが来て手ブレもガッチリ・・てわけではない。
でもまあ撮影後にモニター見ただけで違いがわかるくらいキレイに写る。
マイクロフォーサーズにしちゃあデカイが 重くてツライってことはなかった。

作例として本当は人物がわかりやすいんだけど、プライバシーもあるので
とりあえず熱気球のカゴとバーナーを。
170701b.jpg

金属の質感、布の風合い、籐かごのツヤ、そして歪みの無さ、
なんかね、ただシャッター押してるだけで写真撮影の腕が上がったみたいに感じる。
いいレンズってこれなんだよね。

ということで、昔なら即買い!って感じだったけど、
さすが10万円は払えません。

ま、次は趣味の時間に借りてみようかな・・。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

LUMIXコンシェルジュサービスでレンズレンタル [カメラ・写真]

1日(土)は「熱気球ふれあい」で撮影のお手伝い予定。

前回GX7Mk2の写真をWifiで飛ばしてうまくいったので
それを活かすべく広角も望遠もGX7Mk2で撮りたいと思ったが
私の持っている12-60mmでは望遠側がチト足りない。

Panaの高倍率といえば定評の14-140mmだが
結構人気で未だに6万円ほどする・・。

そこで今回利用したのが「LUMIXコンシェルジュサービス」
「交換レンズレンタル」。
秋葉原の修理工房に行けば貸してくれる。

予約は出来ない、郵送もしてくれない、返却も持っていく必要がある、
とまあなんとも融通の効かないレンタルサービスなんだが
どうもこれ、「サービス」ではないようで・・。

つまり、「修理中のレンズの代わりに有料で貸します」ってスタンスで
レンズ修理中でなくても貸してもらえる、ということらしい。
なので、料金は安くて一泊二日なら1,080円!

ということで、木曜の夕方、14-140mmの在庫があることを電話で確認し
翌朝、工房が9時からなので斜向かいのドトールで待機し
シャッターが開いた途端に突入して番号札1番をGet・・。

ただ、どうも1日(土)の天気が悪そうで、熱気球イベントが
体育館になっちゃいそうな予感から、「何本借りることが可能なのか」と聞いたら
2本まで、ってことなので、14-140mmに加え
35-100mmF2.8も一緒に借りてみた。ので、合わせて2,160円。

で、土曜日の返却は夜7時までに・・ってことなので
金曜の9時過ぎから土曜の7時まで、けっこう時間使える。
(海外には持ってっちゃ駄目らしい)

ま、金曜はこのまま会社に行って(11時出勤・・)、
土曜もイベント終了後すぐに秋葉原に移動だったから
個人的な撮影は全くできなかったけど、
これ、使い方によってはすごく安くて便利なサービスだと思う。

一つだけ残念なのは、秋葉原の往復が2回必要なので
レンタル費用は安いけど、交通費が約2,000円かかっちゃうんだよね・・。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ばらまつり2017 [カメラ・写真]

去年の夏にカメラを買い替えたので
Lumix GX7Mk2+12-60mmでのばらまつりは初めて。

意外と寄れるってことがわかったけど、寄れるってのは
ファインダーがすごくブレてるのがよくわかるってことだったりする。
ま、今日はどピーカンだったのでシャッタースピードが速く
ブレはしませんでしたが。

170520a.jpg

170520b.jpg

170520c.jpg

170520d.jpg

170520e.jpg

170520f.jpg

170520g.jpg

170520h.jpg

170520j.jpg

170520k.jpg

170520l.jpg

170520m.jpg

170520n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CP+2017に行ってきた [カメラ・写真]

170226a.jpg
今日(26日・日)、毎年恒例のCP+2017@パシフィコ横浜に行ってきた。

朝8時半頃の上野東京ラインで、さいたま新都心から横浜は
ジャスト1時間あまり。便利になったなあ。
一駅だけ京浜東北線に乗って桜木町で降り、会場に着いたのは
開場の10分前くらいだったけど、やはり長蛇の列・・。
170226e.jpg

最初にHAKUBAのバッグをもらいに行くのをあきらめ、
CANONブースに行って「あんしんメンテ in CP+」へ。
170226b.jpg

以前書いた、「正しく断られる~あんしんメンテ プレミアム」の件もあり、
タダでやってもらえるなら、並びますよ。

整理券は20番。約1時間並んで(最後の30分は椅子に座れました)
お呼ばれしてEOS 40DとEF70-200mmF4L ISの点検・清掃を受けます。
その間、作業されている人とは別にサービスの方が横について
事前に書いたアンケートをベースにいろいろお話。
正直、無料でこれなら1時間並ぶのも納得です。

そのあと、HAKUBAに行くもやっぱりバッグの配布は終わってたっぽい。

あとはOLYMPUSブースで12-100mmをGX7Mk2につけさせていただく。
大きいが軽い!けど、Dual I.S.が効かないので手振れ補正はパナ同等って感じ。
だとするとこの値段は払えないなあ・・。

あとはちょこちょこ他のブース見てアンケートをいくつか書いて終了。

あんしんメンテで1時間、ほかで1時間って感じで12時頃には会場を出た。

最近はキャンギャルさんの写真撮るのも興味が無くなってきて
まあ入場がタダだから行くけど・・ってな感じになってきました。

170226c.jpg

170226d.jpg

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ETSUMI Inner box flap A で手軽にカメラバッグ [カメラ・写真]

昨年夏にLumix GX7 Mk2を買って、12-60mmとセットで使っているが
ちょうどいいサイズのカメラバッグを持ってなくて、
自宅でしまう時もレンズを外して小さなバッグに詰め込んでいた。

バッグを買えばいいだけの話だが、
カメラバッグって安物で3,000円以上、いいのは1万円くらい普通。

ちょっとなあ・・と思って今回はカメラバッグの「中身」だけ買った。

ETSUMIの「Inner box flap A」、ヨドバシで1,740円。
170122a.jpg

カメラを保護するクッション材で作られた箱で、これを手持ちのバッグに
入れれば、カメラバッグにに変身!っていうアイテム。

今回は何年か前のタリーズの福袋を利用することにした。
170122b.jpg

※入れるとこんな感じ。

これで、12-60mmを装着したままのGX7 Mk2と予備バッテリ、充電器、
ストロボを全部一つのかばんに入れることができた。

いざとなれば、このバッグを持って出れば全部入っているんだから超便利。

暖かくなったらまた写真を撮りに行こう、と。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

DMW-FL200L、届いた [カメラ・写真]

161103a.jpg

FL200LはPanasonicのLUMIXシリーズ用のストロボ。

GX7Mk2に12-60mm付けたら内蔵ストロボではケラレるので
ほぼGX7/GX8シリーズの為に作られたと思われる、
FL200Lを買ってみた。 Amazonで22,307円。

200L、というのはガイドナンバー20を意味し、
実はガイドナンバー36のFL360Lでも22,511円だから
値段で考えれば より光量が多いFL360Lのがお買い得。

だけど、ちっちゃいカメラにデカいストロボもカッコ悪いし
そもそも重心が高くなってカメラが使いにくくなる。

ということで FL200Lなんだが、これ、連写が効かないのね。
まあ乾電池2本じゃそういうものか。
ガイドナンバー20って一眼レフの内蔵ストロボに毛が生えた程度だから
バウンス出来るけど、効果のほどは・・。

でもまあ、まずは使ってみてからですね。

161103b.jpg
※後姿。けっこうレトロ。

161103c.jpg
※天井バウンス状態。

161103d.jpg
※ワイドパネルはかぶせるタイプ。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - カメラ・写真 ブログトップ