So-net無料ブログ作成
検索選択

E-M1 Mark2で夜を撮る ~手ブレ補正が効くということは・・~ [単なる日記]

夜、買い物に行ったついでにちょっと撮影。

まず高感度画質なんだけど、過去にフルサイズの
EOS 6Dを所有してた私からすると びっくりするほどではない。
でもまあ、特に不満もない。
ISO3200でこれだけ撮れれば十分。
170715h.jpg
※ISO3200。手持ち1/1.6秒でほぼ手ブレ無し。

そう、むしろこの強力な手ブレ補正が撮影の幅を広げる。

例えばこれ。
170715f.jpg
170715g.jpg

これね、1/4秒というかなりのスローシャッターで ほとんど手ブレなし。
それが出来るとわかっているから ISO400で画質も確保した。

いくら手ブレ補正が効いてもスローシャッターの場合
被写体ブレは防げないから 使えるシチュエーションは選ぶ。

そういう意味では絶対的に高感度画質が良いフルサイズ一眼のほうが
自由度は高い、といえる。

が、軽いと言われるEOS 6Dでも24-105mmF4Lとのセットで約1.4kg。
今回のセットはミラーレスでは重量級だが約1.1kg。
この300gは結構違う。
というか、フルサイズで12-100mm並のレンズ付けたら
2kgくらいになっちゃうから断然軽いといえる。

軽い、っていうのは今の私には何にも代えがたいので
この手ぶれ補正はやっぱり素晴らしい。

ただ、そこまでの手ぶれ補正は必要なのか?ってのは
カメラを何に使うか、にもよると思うし
この1ヶ月でいろいろ使ってみます。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント